1. 無料アクセス解析
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
役に立たない奴は役に立たない 
わかっている。

人事異動が知らされた
数年前まで一緒に働いていた人が異色な大出世
私が希望を出した場所は別の人が埋めた
私は何も変わらなかった

皆私が希望した部署に私が行くものだと思っていたし
私は声がかかることを正直期待していた
でもダメだった

私が役立たずだから
愛想が無いからだろうか
人間的に幼くて我侭だからだろうか
人間性に難があるからだろうか

私が面接時に「妊娠希望である」と言ったから
新しく覚え直す部署には異動させなかったのだ、と
そう思いたがってる自分がいる

多分そうじゃない
役にたたない奴は役にたたないだけ。

役に立つようになりたい
| 日常 | 07:40 | comments(0) | -
自分語り 
podcastを聞いて
「disられてもそれを上回るLOVEを返す」ということについて考える
私にそれができるだろうか
答えは否だ

私はどうも人を「敵」と「味方」に分けるらしいと
最近ようやっと自覚するようになった
しかもまさに昨日の味方が明日の敵になる
本当にころころとよく変わる


それは私をかまってくれなかった
私よりほかの人をかまっていた
当たり前のことなのに 私ばかりにかまうひとなどいるはずがないのに
なんとも自己中心的でワガママな判断基準
非常に面倒な人間に生まれついてしまったと最近さらに感じることが多い
しかも「嫌い」な人間は蛇蝎のごとく嫌うのだ
そこそこに距離を置いて付き合うという社会性に富んだ行動ができない
職場では随分と難のある性格だと思う


このままではいけない
私は私を変えたい


だがしかし人に愛を与えようとして気づくのだ
愛には力が要ると
愛の力という魔法の薬の話ではない
どちらかといえばフィジカルな話
体力、気力と呼ばれるものだ


実体験から言うと
私自身が元気なときには愛を「発する」のはさほど難しくない
拒絶されても自分を立て直す力がある
そのときの愛は私が発するもののシェアでありお返しを期待する性質のものではない


元気でないときの私はひたすら拒絶を受けないようにして生きる
挨拶を返されないのが怖い
気持ちの良い言葉を返してもらえないのが怖い
くだらない話だ


元気になれば解決するのかもしれないが
この通り私は己を健康に保つことよりも
体型が反社会的だと罵られることを恐れてもう10年近くになる人間だ
糖分が不足して一日ソファに伏せる日があっても
足を引きずるようにしてそれでも歩きまわる日があっても
社会的にはみ出た人間でいることが怖い
「規範」と書いてモデルと読む
規範から外れることが怖い

性格に難があることを知っているから
規範からせめて外れていないものが欲しかったのだ

とっくのとうに逆の針に触れているというのに

そうだこの前私がこの地獄に転落するきっかけとなった人が結婚していた


もう昔の姉を忘れたように
昔の私を忘れてしまった


人を愛したい
人を愛したい
私から何かを発したい


そのための力を身につけることがもう怖い


私はゴールが見えると「これで良い」と引き返す人間だ
このままではこれからもきっとそうだろう



私は元気になれるだろうか?
私として生きられるだろうか?
拒絶を受け入れられるだろうか?
マミのいう「LOVE」を返せるだろうか?
人を愛せるだろうか?


 
| 日常 | 22:38 | comments(0) | -
in the short window time 
妄想する

妄想で十分だと思う



実際は間違いなくその通りではない

断言できる

妄想でちょうど良い



私の頭の中は

私の思い通りになるから

悲しい思いをしなくてすむ



孤独も 喧嘩も 幻滅も そこにはない

それでいい

それがいい

すべてを笑い飛ばそう

陽気にふざけていよう

| 日常 | 18:25 | comments(0) | -
I've lost. 
I love you.
| 日常 | 22:41 | comments(0) | -
So what so you think? 
なぜそう思うの?
どうしたいの?

そう言われても
そもそもあなたがなにを言ってるのかが正確にわからなくて
数種類の意味で猛然と働く脳みそがつらい

ただの夢だった
妄想だった
口に出すつもりはなかった
あなただって笑い飛ばしてくれれば良かったのだ
笑い話にしてくれれば良かったのだ
Why do you take this so seriously?

壊したくない
どうすれば壊さずにいられるのか
その考えはずるいのか
失うのか
私は失ってしまうのか

無かったことにしたい
ずっとこのままでいたかった
お互いの胸にしまっておけば良いじゃないか
それで良いじゃないか
何を引き出したがっているんだ

知ってるんだろう?
私にはもっと失いたくないものがあるんだよ
 
| 日常 | 22:42 | comments(0) | -
お引っ越し 
こっそり引っ越しています
| 日常 | 11:24 | comments(0) | -
くすりゆびの交差 
 ゆびわがかわった
わたしたちはなにがかわったろう

お願い
味見ができるようになって
料理がうまくなりたいから

いま食べたいものなんだろう
ここ数日白米は摂ってない
朝にパン1枚、あとはシリアルバーとかお菓子みたいなもの
こんにゃく中華そばがブーム
ほとんどタレを食べてる

いま食べたいものなんだろう
今の私の「食べもの」なんだろう
食べものだと思うから食べたくなる
私にとって天ぷらや唐揚げはもう食べものじゃない
食べたいと思えない

いま食べたいものなんだろう
生クリームとソフトクリームたっぷりのパフェ
鶏肉と卵たっぷりの親子丼
サーモンいくらたっぷりの海鮮丼

昔死ぬ前に食べたかったもの覚えてる?
卵焼きときゅうりとトマトのざく切りと豆腐となめこのお味噌汁

…ああ、美味しそう
これが私の食卓
| 日常 | 07:05 | comments(0) | -
新しいまだ知らない 
 自分の妊娠時の姿を立体的に残しておけるようになったとニュースで見た

私の下の弟か妹は母のお腹で亡くなっているし
ブログでも臍帯捻転でお子さんを亡くしている方も知っているしで
「もしも赤ちゃん駄目だったときのこと考えてるのかなぁ」
となんとなしにつぶやいたら
彼が不安がった。

私は、もし赤ちゃんが何かの不幸で死んでしまったときに、
立体的な自分の姿、赤ちゃんが生きていたときの姿が残っていたら
辛くてしょうがないだろうし
とてもその作業がコストに見あっていないと感じたから
そう言っただけなんだけど

彼は「私は子どもが欲しくない」といったように受け取ってしまったみたいだ。

とうとうあたしの気持ちを言わなければいけなかった。

「もしも◯◯さんとの子どもができたら、赤ちゃんが死んじゃうかもっていう恐怖は常にあるだろうけど、それはあたしの中にいてあたしの一挙一動が影響するんだから当然のことだよ。
今はまだそんなに急いでほしいと思わないけど、子どもができたら嬉しいよ。」

そう、今はまだそんなに欲しくない。
私の人生の基盤をまだ作れていないと感じるから。

でも、あなたとのこどもはいつか欲しい。
でも、

もう少し2人でいたい と呟いたら涙が出てきた。

彼は、
「子どもができたって、よるが一番だってずっと言うよ」
と、

今は言う
| 日常 | 06:58 | comments(0) | -
俯瞰症なんかじゃない 
 感じない
なんでだろう
気持ちはあるのに

不安が大きいから?
自分の思った通りじゃないから?
(だとしたらひどい)

感じて入りこむことができない

子どもできたの?


できるわけないでしょう?



言い過ぎた?


| 日常 | 06:09 | comments(0) | -
どれだけしても 
 どんなに別ブログに浮気しても
結局「ブログ」としてはこちらに戻ってきてしまう

今回書くことは
「ふつか外食続いたふとる」
ってこれだけなんやけど

どれだけあのひとに「だいじょうぶ」って言われても
私の恐怖感は「世間」に向けられているのだと感じる
私には武器がない。
世間に私にはこれがあるって主張できる自信が。

彼とは2週間後に式を挙げる。
籍を入れてから1年後に式を挙げることは自信につながって、逆に良かったと思う。
それでも今は準備で私がピリピリしてしまって
彼に対しても自信が無くなった

協力的じゃない彼もいるのに
私は彼がよくできて私は準備ひとつまともにできない。
出すアイディアは変なのばかり

ごめんなさいごめんなさい


自己嫌悪・・

式は2週間後。
解放されるという気持ちが大きい。
| 日常 | 07:32 | comments(0) | -
読書メーター
ヨルヒコさんの読書メーター
iknow
qrcode