1. 無料アクセス解析
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
OKINAWAだけにあけっぴろげに書くよ2泊3日 
 久しぶりに旅行記書くよ

相方さんと一緒に行ってきました

あけすけに書くので不快な方ごめんなさい
続きを読む >>
| 旅行記 | 21:48 | comments(3) | -
眠らない正しい街 
東京行ってきました
11日に夜行バス乗って14日まで

一応目的があって行ったのですが
13日は1日フリーだったのでその日は東京観光してました(´v`)
何を考えているのか合流した母と共に。
(行きたかったのか心配するくらいならついて行こうと思ったのか、多分後者だ)
のでその日の話でも書こうかと。

東京って最後に泊まったのが高校一年生のときだったのか?で
どんなだったかもうあんま記憶になかったのですが
すごいなー。ビルがたっかいなー。日本最大級に電気を無駄遣いしているなー。
と高いビルを見るたんびに ああ飛行機が、飛行機が…と不穏なことを考えていました田舎ものです。

ホテルを事情があってお台場近辺にとっていて
それにも関わらず上野の国立博物館に行きましたよ
なぜ台場をスルーして上野に行くのか 行きたかったからだ

さすが日本を背負ってる博物館だけあって
あほのように広いです そして異常な見ごたえです
特別展で大琳派展やってたんだけど混んでて面倒で常設のみにしたんだが
それで良かった!!常設ですら若干の駆け足
常設は空いていたしね
最初に東洋館にはいったんだがそこが一番良かったかも
ミイラをはじめて見てびっくりしすぎて何分も棒のように突っ立っていました
単純に異物に対する恐怖もあったし、死者をこんなに近くで見ることの不慣れからくる驚きやら、晒し者にされている彼(彼女?)の感情はいかなるものかという困惑やら、頭の中カオスな感じで、どうも衝撃を口で言い表すのは得意でないようです
全体的にエジプトは素敵でした

母とパキスタンの仏像がかっこいいといって盛り上がる
ガンダーラって今のパキスタンらしいですね
「つまりさ、ガンダーラがパキスタンってことはガンダーラが夢の国なのはイケメン☆パラダイスってことだったんじゃ…」とかいうことを熱く語る

中国の石版の模様は上から西王母→馬車に乗った墓の主人→狩の場面が定番らしい

日本の展示物も素敵だった
えっへんしてる埴輪が特にツボでした
兜を見ていたドイツ人(多分)が「サム・・・ライ・・・」と呟いていたのがすげーウケた

勿論仏像も
写真を撮ってイイ展示物とそうでない奴の区別がわからず
(というか撮ってイイことにびっくりした)
学芸員の人に聞いてみたら
「どこかからお借りしたり個人の所有物である場合で、向こうが撮影を禁止してきた場合はお断りしている」ということらしい
注意されている人いたなぁ

もうちょっと堪能したかったが駆け足のままでお暇
科学博物館ではもやしもん展やってたよ!!オリゼーパネルと写真のみ撮影
お次は母の希望で日テレへ
宮崎駿氏作の時計があるらしい、と聞かされ楽しみにしていました
そしていざ拝見↓

2008101317120000.jpg



おまっ…ちょっ……

趣味丸出しすぎだろおおおおおおおおおおおおお
まさかあの世界を立体化できるとは!!!
脚部は鷲みたいな形をしていて、時計の周りでは人間っぽいものが働いている、という設定
6時前になるといっせいにそいつらが動き出すのですが、それを見ているのがまた楽しいんですよ
最初に音あわせから入る演出がにくい(笑)
ジブリランドの構想を一瞬本気で考えた…
(とりあえず食パンに目玉焼きをのっけたメニューを売り出そうと思った(←そこから))
帰りには母が姉の土産にズー○ンぬいぐるみ買ってました

そして最後にお台場へ
あいにくフジテレビはもう閉まっていて入れなかったけど
外で自由の女神やらレインボーブリッジやらをぼーっと眺めて
2008101318480000.jpg
近くのショッピングモールでだらだらしてゆりかもめに乗って宿へ戻った
(ゆりかもめ、遊園地の乗り物みたいで楽しい)

普段夜中に出歩かない母親にはええ息抜きになったんかなーと、まぁ。

東京はほんと遊ぶのに事欠かなさそうですねぇ。
住むとなるとまた違ってくるんだろうけど。
2008101317260000.jpg

2008101407290000.jpg

| 旅行記 | 23:49 | comments(0) | -
高雄めぐり 
京都駅になんとなく出てみて
なんとなく高雄のバスチケット買って
高雄に行ってみた。
思い立ったらすぐ名所にいけるのは京都のいいとこだよね。

高山寺→神護寺→仁和寺→立命館大学
紅葉真っ盛りってほどではなかったけど
どこも燃えるように真っ赤な紅葉が数本あって見栄えしてた。
神護寺の如意輪観音と弁財天が素敵。
神護寺の階段はブーツでのぼるものじゃない。ほぼ山登り。
高山寺に住みたい。鳥獣戯画はやっぱり可愛い。
立命館の食堂のメニューの豊富さにへこむ。
これで6000円くらいだったかなー

充実した1日だったのでもう少し詳しくれぽしたかったのだが

最後にしっかりバスを乗り間違えるっつーオチをこしらえて
(何年すんでるんだ)
疲れきってしまったのでこれだけ…
桂ってどこやねん。
| 旅行記 | 21:25 | comments(2) | -
壊れ行くリアルタイム 
気合いれて書きます 長いよ

ハハが日曜から今日までこっち来てました
月曜日は創立記念日で休校
火曜日は自主休校
二日かけて神戸観光してました
京都行けよ!!!(((((゜Д゜;)))
なぜそこで神戸

月曜日
シティーループバスでポートタワーとモザイクと北野工房まわる
ポートタワー 360度回る展望台があると聞いてどんなかと思ったら
喫茶店の椅子が「じー・・・」って音と共に回転するというすばらしいつくりだった
北野工房は元は小学校だったとこらしく懐かしいかほり 素敵プレイス
二階にはろうそくに絵付けしてるおばあちゃんや和紙をすいてるおばちゃんがいて
一階はスイーツ天国
試食あったけどお昼ご飯かなりがっつりいったので食べられず
かわりに220円でコーヒー飲む
ブラックだと濃かったけどミルク入れたら不思議な美味しさになった

満腹が予想外に長く続き二人とも夜ご飯食べ損ねる
夜中におなかが減ってくるという最悪の事態に
一度あまりの空腹に深夜に目が覚めた
うつらうつら見た夢がジェフとランビネタだった
どこかの劇場に座ってて、隣から「一回の大会に出るのに220万円かかって大変だから一人100円ずつ募金してジェフを救おう!」って紙とビニール袋が回ってきた

6時半に起きてマドレーヌをもそもそ食べる
お昼ごはんはビュッフェと決めていたのでそれからまた11時半まで我慢
ほぼラマダーンもどきだったことに後から気づく
普段空腹だと不機嫌になるのにこのときは無言で微笑んでいた 怖かった

お待ちかね和食バイキング
我慢したかいあってほんとに美味しかった
前みたく写メのせようと思って写真撮ったんだけど
ちまちまお皿にのっけたのでちょっと貧相なので食べたものだけ羅列

味噌入りシチュー二杯(絶品)
コーンポタージュ
カレールー(のみ)
ちらし寿司
ステーキ一切れ
本日の魚料理一切れ
湯豆腐なべ
白菜と蒸し鶏のゼリーポン酢和え
チョコムース3切れ(まだ食べたかった)
マンゴータルト
ソフトクリーム
プリン
フルーツヨーグルト
ぶどうゼリー
コーヒー二杯
ほうじ茶

結構食べてますでしょ まぁ全部一口サイズなんだけど
おなかもパンパンに膨れ上がっていた

しかし隣では奇跡が起こっていた
私のハハは知る人ぞ知るガリガリというよりもはや骸骨体型なのだが
彼女の食べたもの↓

味噌入りシチュー二杯
コーンポタージュ
松茸ご飯
スパゲティ
ステーキ三切れ
白菜と蒸し鶏のゼリーポン酢和え
わかめうどんサラダ
湯豆腐なべ
ナスの漬物
切り干し大根
えび二尾
チキンドリア
里芋とカリフラワーのサラダ
大根と鶏の照り煮
かに風味サラダ
ほうれん草のゴマ和え
きんぴらごぼう
ブロッコリーとカリフラワーのサラダ
マンゴータルト
バターケーキ
チョコムース
抹茶ムース
オレンジゼリー
ぶどうソフトウエハース付
オレンジ2個
プリン
コーヒー二杯
ほうじ茶

何この人。
しかも一番すごいのが食べた後ですらおなかぺったんこ
本気で食べたものどこへ消えたんだ
胃下垂の神髄か、これが…

本人いわく「私は友達の間では食べないほう」らしい
どんな友達

この時点でだいぶ満足してたんだけど
まだお昼なので須磨寺に行くことにする
源平合戦ゆかりの地だそうで平敦盛の首塚というおどろおどろしいものもあったけど
お寺らしいお寺で落ち着きました 静かだったしね
紅葉には少し早かったかも
石人形で源平合戦再現してるとこがあったり
一の谷の合戦のとこでは壮大なBGMとともに山から武士がガタガタ揺れながら3人ほど馬にまたがって降りてくる機械仕掛けがあって
その大規模なしょぼさが大好きでした(賞賛)

071106_151052_ed_ed.jpg
これ
真ん中が厳島神社だった

あと平敦盛と熊谷直実の結構大きい像もあって壮観
平敦盛の最期のシーンらしい 馬と海に入って逃げようとしたのを首はねたんだって

071106_150546_ed.jpg
平敦盛VS熊谷直実between夜彦
「やめて!私のために争わないで!!」

071106_153601.jpg
この角度なんか素敵

須磨寺を一通り見たあと少し歩いて須磨離宮公園へ
曇ってたし、閑散としてたし、木が鬱蒼と茂っていたし
中途半端な時期だったので少し寂しい印象だった
その中にひとり佇む

071106_160820.jpg
変態。
ズギャァァァァァァン

その後この宮殿チックなとこに上ってみたら同士がいたので



071106_161532.jpg
初の共同作業。
ポセイドンなのに「炎」という斬新さ。
をかもす予定だったのだがうっかり海の神の足の付け根を覗き込むようなアングルで撮れてしまい変態に拍車がかかった
しかもハハの指が右端に写るというオプションまでついて見るたびになんともいえない気分になる
これか、これが味写というものなのか
何はともあれ根気強く撮影を繰り返してくれたハハ、ありがとう
ただこんなポーズしていつ撮影ボタンが押されるかわからないというスリルはもう味わいたくないです

公園を抜けたあとハハの実家に挨拶→そのまま宿泊
今日根性で6時に起きて下宿に戻って心理学実験のレポート仕上げて(←)
何食わぬ顔で登校してきました

なかなかハードな数日間でした
| 旅行記 | 19:40 | comments(3) | -
2日目後半戦-旅のまとめ 
せっかくだから意地でも完結させてやる更新

シーバスでみなとみらいに到着。この時点で確か18時前くらい。
横浜旅行最後の目的となったコスモクロックに乗りにコスモワールドへ潜入。

今回びっくりしたことなんですが
横浜って過去と未来の街やなと思ったんですよ。
馬車道みたいにざんぎり頭を叩いてみれば、と呟きたくなるようなとこもあれば
みなとみらいみたいに先取りにも程があるような大都会もある。
私にとっての現実、「日常」が全くないので
現実逃避にはうってつけだと思ったのですが
唯一現実を感じさせたのがこのコスモワールドから若干においたつしょぼさでした…
遊園地って一番夢の国であるはずなのに…
いや、コスモクロックすごいけど。
なんかごちゃごちゃしとるというか…なんだろう、成長した証かもな…
「これだったらナタリーのがでかいじゃん!」と思ったけど
よく考えたらんなわけないし。

一人で並んだのですが夕方で人がそろそろ集まり始める頃らしく
待ち時間45分とか普通に言われて
家族連れとカップルばかりの中45分一人で放置プレイはさすがにきつくね?ということで
相席だと最低15分以内には乗れるというアナウンスに釣られて
相席希望をしました。
夕焼けがすごく美しかったので今の間に乗っておきたかったし。
結局15分以内に乗れました。
相席したのは小さい女の子とそのお母さんで
「女の方でよかったです…」と気の弱そうな声で言われた。
ちょっと女でよかったと思った。

夕焼けにランドマークタワーが映えてとても綺麗でした。
頂上あたりでそこらじゅうの建物のライトアップが始まりました。
そして悟りました。

横浜って、夜の街なんだなぁ…

赤レンガ倉庫や馬車道、勿論ランドマークタワーも
昼とは異彩を放っていた。そして夜のほうが美しいと感じた。

あっという間の15分でした。
height="283" alt="" class="pict" />
使いまわし

そして桜木町駅まで歩こうかとも思ったのですが
すでに7時を過ぎており、一人歩きには少々心細い時間帯だったので
最寄のみなとみらい駅から横浜に出て、JRに乗り換えて東京駅まで一気に行く。
この時点で20時で、バス乗車時刻の21時50分まで時間が相当あったので
なぜかこっちに来てからやたら目にするBECK'S COFFEEという店で
BLTサンドとコーヒーを注文してみる。コーヒーは紙コップに入っていた。
でもコーヒー初心者なので味の良し悪しはわからないが210円で安いので助かった。

東京駅、最初はすごく怖くて
リュックをずっと握り締めたりしていたのだけれど
東京の人っていったって東京に住んでるだけで
普通の生活をしている人なんだ、っていうのを
当たり前だけど東京駅で学習しました。

そしてまたしてもトイレで武装解除をして
少しふらふらしていたら時間になったので21時45分頃乗車。
走り書きメモ↓
「足がムレてしょうない 東京は眠らない NOV○が見える」

今回も足柄SAに止まった以外は走りっぱなしでしかも寒い。

5時34分に京都駅に到着
既に人がいるのはすごいな…!
そしてあらかじめ頼んでおいた祖父母の家に直行。
お風呂を沸かしておいてくれた 冷えていたので本当にありがたかった。


金額:交通費(京都駅から)1万1,860円
   宿泊費3580円(会員だと2980円)
   食費5,053円
   入場料等2,900円  
   純粋な観光総額2万3,393円
  
まとめ:一人旅、はまるわ。(そんだけかい)

因みに今回の旅で一番美味しかったのは
祖父母の家で食べたシャトレーゼのコーヒープリンです
あんまりだ…
| 旅行記 | 23:01 | comments(0) | -
1日目後半戦-2日目前半戦 
その後、港の見える丘公園に向かうつもりが
途中にあった中華街に寄り道。
父親が「中華マフィアとかおるけぇのう」と
それこそヤクザ言葉でメールしてきたためあまり夜に行きたくないっていうのもあった。
ただ本当にお店が多くてどこで何買ったら良いかわからん!
あちこちに中国語が飛び交ってる。片言の人が甘栗の試食をすすめてくる。
やはり中華街は一人だと少し怖い。
下手に地図を眺めているとナメられそうな雰囲気だったため(思い込みか?)
人がたくさん並んでいたところで適当に豚まんを買う。
幻と銘打っていたわりに普通の豚まんだった気が…
行列はアテにならないという噂は本当だった。
まぁ翠香園が見れたから良いや。今度はレタス包み食べに行ってやる。
一人じゃ無理だ。量的に。

ただでさえ喉が渇いてるのに豚まんで更に水分が奪われたので
適当にそこらへんでマンゴージュースを買う。
黒い粒粒がいっぱい入ってたんだけどありゃぁ何だ…?
そして食べてる間に雨が降り始める。ついてない…俄かなことを願う。
パーカーのフードを被って小ぶりになったころにまた歩き始める。

と、山手トンネルあたりで道に迷う。
ちょっとやばい?と思いつつめくらめっぽう歩き回ってると
横浜スタジアムに出た。
が、目印になるものを見つけた喜びしかなかった。笑
あたりが薄暗くて気分も落ち込んできたので
山下公園にもう一回寄ってから宿に向かおうと思う。
山下公園はさすがに人が少なくなってた。雨だしな。ベンチが今度はガラガラ。

夕方の山下公園

適当に宿の方向に歩いていると
そこらの看板で赤レンガ倉庫が近いらしいことに気付く。
正直あまり興味が無かったのだがまぁ近いんなら…ということで向かった。
ら、意外にも結構好きな雰囲気だった。明日またじっくり来よう。
雨だと何もかもよどんで見える。
そしてみなとみらいを通って桜木町に出て、
「手相見の修行をしているのであなたの手相を見させてください!」
という女の人をかわしつつ
神奈川ユースホステル到着。
同室の女の方と少し話した。とても良い人。
ユースホステルは四万十のとか良かったよ、とか
石川県が美味しいもの多いよ、とか
今はホテルでも一人だと怖いからYHが一番安全だよ、とか
ここのYHが初めてだったらあとは感動しかないよ、とか(笑)
色々教えていただいた。
少し人通りが少なくて夜の外出は怖いところだったので
なんだったら一緒に夕食に行きませんか、とまで言ってくださったが
ありがたくも辞退した。
風呂のぬるさに驚愕した。
でもシャンプー、リンス、石鹸、ドライヤーはあった。ドライヤーは特に有難い。
洗濯機もあったけど100円必要らしい。
携帯とデジカメの充電をして布団を敷いて就寝態勢。
全体的に設備は本当に良くないけれど二段ベッドにいちいちカーテンがついていて
ベッド際に電気がついてるのが本当に良かった。
相部屋だけどプライベートスペースが確保されてる。
ただ、かなり疲れていたのでそのプライベートスペースを活用することなく倒れるように眠った。
この時点で22時。1日で大分気が緩んだ。


4月29日
目覚ましと相部屋の人の物音と洗面室から聞こえるドライヤーの音で7時10分起床。
着替えて洗面室で洗顔+社会武装。
今までトイレでしていたのを考えると
シェルターがあるっていいなぁ…と思う。
シーツ等畳んで8時10分頃出発。
動く歩道を使ってみなとみらい駅に出る。
ランドマークプラザのスタバで8時半頃チキンサラダサンド+本日のコーヒーの朝食。
なんかリッチな気分だ。
こんな朝にスタバに行ったこともないし、
人が少ないのも珍しかったのでスタバのマークの例のあの人とツーショットを撮る。
やりそうで誰もやらない気がする。

カウンター席だったのだけれど、都会のビルはとてもきゅーとして悲しい。
愛しいのほうなのだろうか。悲しいわけがないから。判別がつかない。
なにかとても切ない。

9時20分頃散策開始。周辺の目的地はまだどこも開いていないので先に赤レンガ倉庫へ。
海辺で、朝日がキラキラしててとても綺麗だ。釣り人が多い。


ご飯屋さんがいっぱい入っている模様
屋台もちらほら

とても綺麗で、視界がクリアだ。
昨日目にとまらなかったものもとまるってもんである。

そう、



あれエエエエエエエエエエエエ!!!???

あああああそうか!そうだよな!うん!
うわあああ正直忘れてた…!甘酸っぺぇ…!!
「しきしま」が浮かんでおりました。JAPAN COAST GUARD…

隣の工作船展示資料館が無料だったので入ると
うみまるとうーみんがお出迎え。
生だ…!(?)
そして『愛します!守ります!日本の海!』と堂々と掲げてあって思わず笑う
なんか恥ずかしかった…
海猿のポスターも貼ってありました。

うみまるうーみんぬいぐるみが2000円は妥当なのだろうか。

そしてまたみなとみらいに戻って美術館散策。
学生証を忘れたので大人料金でした。うう。
ダリやマグリッドは他の美術館に貸し出し中とかで見れませんでした。あー
水をテーマにした特別展をやってたのですが
ひとつ深い海の中の光の反射が人の形をとる動く作品があって、
暗い個室の中で暗い音とともにそれを見るのですが
あれはどちらかというと恐怖との戦いだった気がします。

鏑木清方の遊女の絵が好きでした 通夜物語

お次、ランドマークタワー。
この頃はもうひどく暑くてパーカーを脱いで映画監督のように肩にかけていました。
旅行者丸出しです。完全に気が緩んでます。もうどうでも良いです。
69Fまでイッキに昇るんだそうで、どんだけ恐ろしいかと思ったら
エレベーターの中はガラス張りではなかったのでいきなり高いとこにいるといった風で
あまり怖くはありませんでした。
でもさすがに耳はキーンとなりました。

富士山が見えました。東京タワーは見えるらしいですがあまり見えなかった。
視界が相当クリアだった。飛行機のほうが近いくらいでした。
人間はここまでやったのか。何になりたいんだ。


このホテルいつ見てもすごい形だな


うっすら富士山見える

そしてなぜかまた赤レンガ倉庫に寄って
一番のお気に入りの馬車道に立ち寄る
お気に入りなのだがすぐ回れてしまうので見るところがあまり無い(笑)
ガイドマップに載ってレストラン相生で馬車道アイスクリームと林檎のタルトを食べる
ここも多少場違いだったなー
会計のときにまた「美味しかったです」と言ったら「さようでございますか」とうまくかわされた うう

そしてまたしても山下公園 気に入ったところを何度も回れるのは一人旅の特権だ
昨日見かけて気になっていたC's Gardenというところで昼食をとる。
有機栽培だか何だかをうたっているらしい。
確かに天然酵母のパンは美味しかった。季節のルーも美味しかった。
ただあたしが頼んだのはアイスティーではなくアイスコーヒーだったんだ…

そして歩いて港の見える丘公園へ。今度は無事たどり着く。
ここもおびただしい数のカップルがいる。大道芸人さんもいる。
見晴らしはやはり素敵だ。マリンタワーが見えるのが嬉しい。


高いところにのぼってばかり

外国人墓地が200円の募金で非公開の場所にも入れますとかいうのをやっていた。
料金じゃんと突っ込みつつ200円放り込んで中へ。
宣伝してるおじさんが少しうるさかった。やめてほしい。

この中に本当に人が入っているのか、と思うとそら恐ろしくなるお墓の量でした。
写真を撮っている人も結構いた。
とりあえずフェリス女学院の校長さんのお参りをしておいた。笑


安らかに眠りたもう

そしてこれまたガイドブックに載ってたので
カフェティールーム霧笛でチーズケーキを食べる。
うーん…個人的には普通でした。
食べ物はあまり当たりがなかったです今回の旅は
ただ私が好きなチーズケーキの定義は自分でもよくわかっていないので
これからも探求していきたいと思います。 とりあえずベイクド

その後インターナショナルスクールに迷い込むハプニングもあれど
山手ロードを回りきり(フェリス女学院見てきた。外観は勝った気がしないでもない←)
(横浜市イギリス館→山手111番館→山手資料館→山手十番館→山手243番館→エリスマン邸→ベーリック・ホール→フェリス女学院→カトリック山手教会→外交官の家(入館))
石川町駅に到着。そこからまた山下公園に行き(リピしすぎだ)
350円のシーバスに乗ってみなとみらいへ。
横浜内で使った唯一の公共交通機関です。
動いてる間は風が気持ちよくて風景も海の上から見るとなるとまた別のもになって良かったですが
停泊してる間はよく揺れて酔いそうでした。

お次は夜。

| 旅行記 | 22:23 | comments(0) | -
横浜1日目 
4月27日
19時半頃家を出る。
所持金3万7500円。
京都駅に着いてまずバスチケットを買いに行く。
閉まってたらどうしようと思ったけど少なくともチケットセンターは22時までやってた。
でも隣接の進々堂は20時で閉まってしまった。残念だ。
この時間帯でチケットを買いに来るのは大概男の人で多少びびる。
チケットを買ったあとスタバでスモークサーモンクリームチーズサンドと本日のコーヒーで夜ご飯。
これからスタバにお世話になりまくることになる。
少し時間を潰して21時頃、トイレでメイクを落として歯を磨いてコンタクトを外す。
その後、何となく京都駅の屋上に登る。
この頃はまだかなり緊張している。
死ぬかもしれない、警戒心、恐怖、危険。
イニシエイションのようなものだったのかもしれない。
22時にはどこも閉まってしまう。バスが来るのは22時40分。手持ち無沙汰だ。
結局コンビニで聖闘士☆矢ザロストキャンバスを立ち読みした。
なんかピスメの鈴と鉄みたいなことになっていた。お前ら誰だ。
童虎とムウの師匠だけ知った顔だったから過去の話なのか?

22時37分青春ドリーム号乗車。2Fの通路側。満室だった。
23時に消灯したのにびっくりしたがよく考えたら当たり前である。
一度多賀SAに止まった以外は静かなもので、ゆっくり眠れるかと思いきや
寒くて眠れなかった。
何でか知らないけど冷房かけてるんですよ。風がヒューヒュー当たる。
何で?寝たら体温下がるのに追い討ちですか?
かけ毛布を持ってきていた人に英知を感じた。
結構どこでも眠れる私が一時間おきに目が覚めました。
夜行は多少厚着で行ったほうが良いな。夏でも。
フットレストが無いのも中々にきつい。まぁ値段に見合っていると言えましょう。


4月28日
6時15分に予定より10分早く東京駅到着。
トイレで社会への武装(メイク)。ほんとにトイレの個室の中で。(笑)
東京さ怖いとこだから…
その後電車を乗り継いでまず着いたのが四つ木。
荒川の土手、四つ木橋のガード下を探し回りました。
一番今回の中で地味な目的地でしたが、私の中ではここが一番重要でした。
わかる人にはわかります。

そして一番治安的には危なかったと思う。命知らずだ…
散歩してる人、ジョギングしてる人、野球部の練習もしてたようだった。
全体的に町並み古め。

その後またも電車を乗り継いで、元住吉に。
朝ごはんを食べ損ねたためちょっとふらふらしていた。
駅自体はリニューアルされておりましたが、
駅を出たところに不動産とケーキ屋さんがあって俄然テンション上がりました。
東横線路沿いを歩いてみましたが二人の家は見つからず。
当たり前か…写真見る限りもう取り壊されててもおかしくない感じだったし…
ランプハウスもあまりまともに探していませんが無かったです。
ブレーメン商店街とかちょっと歩いてみたかったなー
雰囲気だけは堪能してきました。ここも昔の面影が濃い。
そして最後のメモに「腹へって倒れそう」と走り書きしてある(笑)
静かでのんびりしてる。自転車をなおしてるおじいさんとか

height="384" alt="" class="pict" />
テンション上がる駅名たち(笑)
誰も綱島が見えたり菊名で下りることに興奮しはせんわな…
そして確か菊名の乗り継ぎがわからなくて改札に切符通して出ようとしたら
あの板がバターン!と閉まり腹にまともに食らう。
きいたぜ…(駅員さんは慣れているようだった)

そしてやっと関内到着〜横浜だ〜
馬車道に最初に行ったのですがレトロです。
コーヒー屋さんがよく似合うと思う。実際たくさんあった。

馬車道マークが可愛い!
普通の銀行とかもちゃっかり看板の下にこのマーク入れちゃってたり


これもよくわからんがツボった

お腹が減ってふらふらだったので何はともあれ
県立歴史博物館に向かおうとする。
旅行者丸出しで地図を見ながらウロウロしてると

…ポニー………!!
これがあの…!
いつもお世話になっております!(?)

まさかこんないきなりお目にかかれるとは思わず大層混乱しました。
ここで食べようかとも思ったのですが弱ったすい臓にはきついメニューばかりだったので
そそくさと写真のみ撮って退散(笑)

そして県立歴史博物館の1Fの喫茶「ともしび」で
サンドイッチ注文。馬車道十番館のパンを使ってるらしい。んまかった。
思ったよりこじんまりしていましたが常連さんのような方も来ていらして
和やかな雰囲気であたしは好きでした。
お会計のときに店員さんに「ありがとうございます。美味しかったです」と言ったら
びっくりしたあと本当に嬉しそうな顔をなさったので
なんか良いなと思う。

その後歴史博物館を後回しにして馬車道十番館を探す。
一回間違えて別館に入るも無事発見。牛馬引水も発見。
ちょっとラフな格好の女一人が入るのはためらわれましたが意を決して1Fの喫茶店の方に侵入。
そんな高いモンは頼めないのでアイスクリーム注文。
味は…格別美味しいとは思いませんでしたが(付属のビスケットがかすかすしててちょっと苦手な感じだったので)
赤いソファとか雰囲気だけでレトロでリッチな気分になれたのでまぁ良いや(笑)
2Fに英国風酒場あるの見えたし
今度はレストランに堂々と侵入してみたいです。

あいすくりん


意外に奥まった場所にありました

そして博物館にUターン。
大学生料金で200円です。安いよね?
深海魚の水槽は無かったけど思ったよりもスゴイものがいっぱいあった。
源頼朝坐像とかあるよ!?ウッヒョー!蒙古襲来絵詞とかまじかいおいおいおい
とか思ってたら学芸員のボランティアのおじさんに話しかけられました。
あたしはこういうとこに一人でいるとなぜかやたらそんな感じの人に話しかけられます。
目がマジなのだろうか…
おじさん曰くブンキョウ(?)寺の薬師三尊が一番スゴクてしかも300円で見られるそうです。

そして歩いて山下公園に。
思ったより断然人が多い。
ベンチに座っていちゃついているカップルはかなりの攻撃力があることを学ぶ。
この時点で14時過ぎだったのですがかなり暑くて喉が渇いていました。
そして氷川丸とマリンタワー営業終了にショック。あちゃー…
人形の家の下のトイレで日焼け止めを塗りなおす。石坂浩二館長かよ!(笑)
見ようか迷いましたが今回は見送りました。
そして思ったより早いペースで回れていることに戸惑う。


こんなかんじのとこ


マリンタワー!

とりあえずここで切り上げ。
何でこんなに詳しいのかというと残金確認のためにかなり詳しくいちいちメモしていたからだ
| 旅行記 | 20:56 | comments(0) | -
prologue 
というわけでさる27〜30日
ちょっくら神奈川県の横浜まで行ってまいりました。
ひとりで。(バイキングとは訳が違う)

…っ誰!?
もたくな目的だろとか言ったの!
8割方当たってるんだから!!

昔ちょこっとブログで言った
「ハタチになるまでにしたいこと」っていうのが
一人旅のことで、
それなら行くなら横浜がいいなと思ったっていう
ヒヨコが先か卵が先かの次元の話ではあるんですが。

実は、盗られたお金はこの旅行に使うつもりだったのです。
もう宿やバスの予約もしていたので真っ青でした。
祖父母に借りて何とかなりましたが、自分のお金で行けなかったのが本当に悔しい。

母親にも前日の夜告げるという唐突さで
あまりのことに母が泣き出し一時中断の危機にも見舞われましたが
何とかなりました。良かったです。生きて帰れたし。

装備は小さいリュックとスニーカーとガイドマップと自分で作った旅のしおり(笑)。
主なBGMはGRAPEVINEのHEREの想うということ、ダイヤグラム、here。

成長したかと問われれば電車の乗り換えができるようになったくらいしかない。
自分は捜せない。

では、ぼちぼちレポアップします。名づけて御手洗ツアー(笑)
デジカメの写真もアップできるだけしてきたい。
| 旅行記 | 18:17 | comments(2) | -
読書メーター
ヨルヒコさんの読書メーター
iknow
qrcode