1. 無料アクセス解析
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 飛び散る | main | うそこ >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
火の粉 (幻冬舎文庫) 
(あらすじ)
元裁判官の隣家に、二年前にある殺人事件の無罪判決を下した男が引っ越してきた。
男は溢れんばかりの善意で裁判官の家族の心を掴む。
しかしその周辺では次々と不可解な出来事が起こり…

>>ネタバレ
こわい。
ド怖い。
マジ怖い。
下宿にますます帰りたくなくなる…!orz

犯人に意外性は無いんだけど
やっぱり微妙な問題だから
最後は武内が命を賭して梶間家を守るとかそんなかなと思ったんよね。
ち が っ た よ

どちらが正しいのかわからない恐怖も相当。
武内がおかしいのか?池本がおかしいのか?
狂っているのはどっちなのか?
読者もわからないからスリルがいっそう増す。

ただ逆上状態の自傷癖のある人間が
そこまで手間をかけて自傷するかな、とも思うし
(ふすま全部外すんだよ?その間に冷静になりそうなもんだけど)
熱帯雨林の感想にもあったけど
素人でもわかる被疑者の過去を警察が洗い出せないのもおかしいよなー
そんだけ異常行動してたんだったら学校あたったらわかりそうなもんだよね

でもすごく読みやすいし、スピード感もあるので
よみものとしては十分楽しめた。
ただ怖い。 (まだ言う)
| 本とか漫画 | 00:20 | comments(0) | -
スポンサーサイト 
| - | 00:20 | - | -
コメント
コメントする









読書メーター
ヨルヒコさんの読書メーター
iknow
qrcode